くもり止めクロスが便利

 マスクをして外出するときのいつもの悩みとして、眼鏡が曇るというのを抱えていた。特にテニスをするときも、マスクをしながらプレーするのが普通になってきてしまったので、メガネが曇ってボールが見にくくなることがよくある。マスクの縁を内側におることで軽減できると聞いたので試してみたが気休め程度の効果しかなく、正直お手上げ状態だった。

 そんなときに知ったのが曇り止めのメガネクロス(メガネ拭きクロス)、「 FOG STOP CAN

 これで拭いたあとのレンズに息とか吹きかけても、すぐに曇りが晴れて透過性を維持できる。最近のテニスで事前にこれを使用した状態のメガネをかけて1時間半ほど運動したけど特に曇ることはなかった。1日中外出するようなことが最近ないため、効果時間のほどはまだはっきりしないが、直径5センチ程度の入れ物なので持ち運んでメガネが曇ると思ったら再度拭けばいいと思う。メガネが曇って困っている人がいるならこれを試してみてほしい。

 コンタクトにすればいいじゃんと言われると返す言葉もないが、以前自分はコンタクトをためした時期があったが続かなかった。というのも、乱視がひどいために、つけるコンタクトに上下が指定され、コンタクトの上下を示す印が下側にある状態で付けてくださいと言われた。ここでちょっと考えてほしい、指の腹ほどの大きさのコンタクトに印がついているわけだが、コンタクトを付けるとき当然メガネを外しているのだから、視界はぼやけている。コンタクトに描かれた細かい印の判別がそれはもう困難なのだ。コンタクトを付けたあと、もしかしたら鏡で印の場所を確認できたのかもしれないが、自分には確認できなかったので、正しくつけられているかもわからない。正しく使うために大変な思いをするぐらいなら、眼鏡でいいなとなってしまった。今のコンタクトはそういった苦労をしなくてもよいのかもしれないが、自分はできるだけメガネでいいやと考えている。スノボーで使用するゴーグルも、眼鏡をしたまま使用できるものを購入し、スキューバダイビングで使用するゴーグルは度が入ったものを選んで購入した。

 話がそれたので戻すと、自分と同様に、できるだけメガネを使いたいという人で、最近のマスク着用によるレンズの曇りに悩まされているのであれば、曇り止めのメガネクロスは検討してみてほしいと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

four × 2 =