職場で困る年上とのやりとり

 チーム内の人とこじれた。相手側が会話を途中でやめ、チーム内のメンバーとの会話を一方的にシャットアウトした。そのきっかけが自分とのやり取りだというのだから気が重い。明日は朝から上司との話し合いでことの詳細を確認するとのことだがどう着地するのか。

 ことの発端は、自分のコードのレビュー。自分は今のチームに10月から加わったばかりで、チームがどんな雰囲気なのか、どんなふうにプロジェクトを進めるのか様子見しているような状態だった。自分はこの半年でこれをやりますと宣言し、達成に向けて取り組むといった進め方で、自分なりのやり方で進めていたが、お願いしたコードレビューにおいて今のチームに長くいるAさんから「これまでこういう開発方針でやっていたからそれに合わせてほしい」ということを言われた。これに対し自分は「今回の自分が担当する範囲では、既存の開発方針では無駄がある。開発方針を変えないならその無駄の部分が帳消しになるようなメリットを提示してほしい」と返し、開発方針に係ることだからチームで話そうという流れになった。この話し合いで、これまでの開発方針を維持してほしいというチーム歴の長い2人(Aさん、Bさん)と、開発方針変えたほうがいいと考える自分と10月から自分と一緒に参画したもうひとり(C さん)が対立するような構図になった。

 Discord上でお互いの考えについて出し合ったが、ともに納得を得られるほどではなく、平行線になったとき、Bさんが「新しく参画した方のほうがデータプラットフォームについては経験も長い。おふたりのほうがきっといいものが作れるでしょう。自分はいないほうがいいと思うので抜けます。」と一方的に通話を切られた。こんな事前にもあったなぁと過去の苦い経験を思い出しつつ、残された人たちで「話し合いの中でそこまでBさんを追い込むような発言があったか、話していた内容は論理的に問題ないか」という確認作業が始まった。

 論理が破綻した主張をしていたわけではない、ならなぜあのような行動をBさんがとったのか。Bさんは今までこういった行動をとったことがあるかAさんに聞いてみたが、Aさんも初めてだとのこと。ただ、Cさんから「以前、今後プロジェクトをどうするかについて10月初旬にチームで話したときに、ぼくたち(自分とCさん)の意見が、これまでやってきたことを否定されているように感じたらしい」という情報が出てきた。これまで雰囲気は悪くないと感じていたが、どうもBさんの中では自分とCさんに対して思うところが以前からあったようだ。それが今回のことで爆発してしまったのではないかと皆で推測していた。

 一方的に会話をシャットアウトされたので、上司に連絡して今日のところは気分が晴れないまま仕事を終えるしかなった。夜に上司から明日の朝イチでミーティングが設定され、どのように着地できるか見通しが立たない。さらに悪いことに「おふたりなら(自分とCさん)なら、頑張れば立場的に自分(Bさん)を追い出せると思います。」といった書き込みがチームで使用しているSlackに投げられた。話し合いがヒートアップして中断しただけならまだしも、無関係な人もみれる場所でこういった発言をするのはさすがに問題だ。自分の言い方に問題があったのかなとか振り返って泣きそうな気持ちでいたが「あ、この人はダメだ」とこの書き込みがある意味自分の中では決定打となった。この書き込みに対してまず謝罪がない限り和解はない。

 同じような経験を社会人になってから2回経験していて、今回で3回目。過去の2回は、仕事の話もプライベートな話もできるほど関係は良くなっている。これは、たとえ意見が対立してもお互いに対話を繰り返すことでいい着地点が見つけられるというのを、互いの価値観を何度も確認したことによる。1人目に会話を拒絶されたとき、上司の介入と、同じチームで仕事をこなした期間が長かったこと、相手に「自分に合わない仕事をさせられたことによる鬱憤があった」という一時的な要因があったということがわかったので、関係の改善は比較的容易であった。2人目は同じチームで働く前から面識がある人で、お互いにどういったスキルセットを持っているかなどある程度知った仲ではいた。また、コミュニケーションにおいて課題があると本人が認識して改善しようとしていたので、「会話を拒絶することはチームにとってマイナスでしかないからやめてほしい」と言い続け、自分もできるだけ話を聞く姿勢を保つようにしたことで、1年ほどかけてなんとか良い距離感というのを作った。

 今回のケースだと、まず相手の思っているところを聞かないとわからないところが多いのだけれど、あんな書き込みをしてしまった以上、上司や人事が何かしら動かざるを得ないだろう。チームを移って心機一転と思っていたが、まさかこんなことになろうとは。明日のことを考えると憂鬱でしかたがない。

後日譚はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

sixteen − 2 =