2022.04.08-09 領将王争(テ勢麻雀)合宿記録

「こんなことを考えている」

 定期的に実施している領将王争で、しっぽらさんが話してくれたその企画は、話した本人が思っていた以上にテ勢雀士たちの興味を引いた。そして実現までに2ヶ月程度と、団体の旅行計画にしては実に短期間で物事がトントン拍子に進み、そして当日を迎えた。

 集合時間は9時だったが、つっしーは車での移動だったので、交通状況によっては早く着くかもしれないなと思い、電車移動の自分は気持ち早めに出立。1日目は平日ということもあり、出勤ラッシュとぶつかる形になった。普段在宅勤務の自分にとって久々となる満員電車。想像以上のストレスで、これを続けていた昔の自分に対して尊敬の念を抱いてしまう。小説を読んでいればそんな気にならんやろと思っていたのだが、そんなことはなかった。もっと電車に乗る時間が長かったら途中下車して休憩を挟まないといけなかったかもしれない。自分がもろくなっているだけなのか、ストレス社会が悪化しているのかわからないが、在宅勤務以外の仕事は今後できなさそうだと実感した。そして集合時間の20分ぐらい前に目的地に到着したとき、すでにつっしーとその車に乗るしっぽらさんの姿があった。つっしーはともかくしっぽらさんも早すぎません?さらに5分と待たないうちにあらさんも到着。集合時間の9時になる頃にはすでに高速に乗っていた。もはや様式美とすら思えてくるこの待ち合わせに対する意識の高さ。実にすばらしい。

 まずはお昼のために湯河原の原忠に向かう。車中では今回の合宿について多くの期待を含んだ会話が続き、またなにか楽しい出来事が起こるだろうとみな疑いなく思っている。出だしからみんな早すぎなんだがという話題で盛り上がったのが良かったのだろう。まぁその結果として原忠についたときは開店時間の30分近く前で、駐車場で時間を待ったりもしたが、これすらも楽しさの一つの要因として働いていた。開店を待っている間、しっぽらさんの用意してくれた話題カードをもちいてテイルズに関する話をしたりもした。自分が出した話題は少なかったですごめんなさい。このとき話したのは何の話題だったかな。たしか「記憶を消してもう一度楽しむとしたらどんなコンテンツがあるか」といった話を原忠でお昼を食べるまでにしてた気がする。これの回答はシュタインズ・ゲートが強すぎたね。

 開店時間になって駐車場にいる猫に声をかけつつ入店。お店は2階に席があり、海が見える方向の壁が一面窓といった内装で、大きく海を望む風景を楽しみながら食事ができる場所だった。お昼として自分が頼んだのは刺身定食。ひとつひとつの切り身が分厚く味が濃厚で、ともについてきたモズクや漬物といった一品一品も美味しかった。ご飯が溶けるようになくなり、おかわりできますかと聞いたら本来は有料だけどサービスしてくれた。ありがとうございます。海辺の方に来たときはやっぱ海鮮を堪能しないとね。

 食事を済ませ再び車へ。車中で「テイルズの主人公で好きなキャラは?」といったテーマで話したりしつつ、買い物のためにエスポットに向かう。リッド2票、ルドガー2票だったかな。ジュードくんのスペックの高さもいいんだけど精神面がちょっとね。途中で見かけた学校からは、散り始めた桜の木の下を通る学生が見受けられ、平日にでかけている優越感に浸ったりしていた。エスポットで麻雀中に飲み食いする品を揃え、車中でワンピースのワンシーン(意地張ってごべーん)をこすりつつ、1日お世話になるグリーン荘に到着。13時チェックイン予定であったが12時半到着。平日の高速道路は渋滞もなく思っていた以上に早くついた。気さくに話しかけてくれる女将さんの勢いに飲まれつつもチェックインを済ませ、早速、領将王争(ハコネシア編)のバトルパートがスタートした。ちなみに体温は全員36度を超えており、みな健康体という珍しい(?)できごとがあったりもした。

 最初は大きな点数移動はなく、みな様子見しているような状態であったが、まずはしっぽらさんが好調の兆しを見せる。普段飲まない ZONE を最初に飲んだこともあってか、自分も素晴らしい配牌に恵まれ、小三元をあがったりしたが、このときは順目もまだあったので大三元を狙うべきだったと後悔している。配牌に恵まれるなら依ZONEしてもいいかもしれない。このときに流れを掴みきれなかったのか、夕飯までの間で自分は1位を取ることができなかった。

 これを書きながら、何を話していたかについて思い出そうとしているのだが、いつも以上に記憶がもやもやしており、会話の内容がほとんど出て来ない。自分にとってあまり芳しくない結果だったことで自然と記憶からシャットアウトされたのか、それとも食事など、他に印象深い記憶があるため、それにかき消されてしまっているのかもしれない。しっぽらさんからのちほど音声ファイルを提供してもらえるので、会話の内容については断片的にあとでwikiにのせておこうと思う。あらさんがリーチしたときに、あらさんの投稿した動画を再生してテ勢雀士たちを惑わしてきたのは効果的やったな。あがった後にきっちり動画止めてるのも笑ったわ。テ勢雀士たちはすでにあらさんの実況をほぼ完コピできるので、セリフが始まるとみんなが続きを言い始め、集中力を切らすという効果がある。

 夕飯も魚をメインとしたものがずらり。お刺身だけではなく、揚げ物、煮物、汁物とたくさんの品目が並び、ひとつひとつが絶品で、お昼同様にご飯が進む。3杯食べたかな?麻雀で思いの外エネルギーを消費したのかもしれない。麻雀中は騒がしいテ勢雀士たちも、美味しいものを目の前にしたときは食べることに集中したいのか静かになるのだから面白い。

 夕飯の後にお風呂に入ったのだが、かけ流しの湯が熱いとのことで、体を洗っている最中に水を入れて冷ましていたのだが、冷ましすぎてぬるくなってしまっていた。まぁこんなこともありますよ。夕飯とお風呂を済ませ、旅行であればここから寝るだけといったところだが、今回の領将王争はまだまだ終わらない。ここからさらに数半荘を行った。このあたりからだったか、つっしーが好調となり嶺上開花を決めるなど、誰も止められない状態となった。最初好調だったしっぽらさんも、ドラの放銃でダブロンするといったことがあり、つっしーに猛追される形になった。不調を示すように、しっぽらさんがつっしーに振り込んだとき、叫びながら立ち上がったりして感情を表現してたな。自分とあらさんは不調続きで状況を変えられず、通算トータルの成績に反した形で2極化した。つっしーに嶺上開花をあがられたときは悔しかったなぁ。自分も急いでつくった手で追いつかれた挙げ句に、自分がしたかった嶺上開花を決められたのが精神的にきた。全体的に聴牌が早かったような印象があり、自分はなかなか追いつくことができなかった。この日は1度も1位を取ることができず就寝することになった。

 翌朝、就寝時間が2時を超えていたと思うのだが、6時半頃には目が覚めた。すでにあらさんは朝風呂に向かい、つっしーも意識がありそう。思いの外寝汗をかいてしまったようなので、あらさんと入れ違いになる形で自分も朝風呂に向かう。昨日よりは熱めの温度で、朝のぼんやりした頭をクリアにするにはちょうどよかった。部屋に戻ってみると、しっぽらさんはまだ布団を被っているが今にも起きてきそうな気配がある。他の2人はスマフォをいじりながら朝ごはんを待っているような状態。けっこう寝るのが遅くなったはずだが、意外と起きれるもんですね。いつもと環境が違うことによる影響かな。目覚ましにテイルズの曲をあらさんが用意していた気がするが、いざ時間になってなってみるとだいぶ音量が控えめで、これは起きれないのでは?とか話してた気がする。朝食は品目が多く、これを毎日食べれたら健康になれそうといった品揃え。干物が美味かった。朝食でもご飯をおかわりして、普段では考えられないような量を食べた気がする。つっしーに「おかわりいれようか?」と最初聞いたときは「もう大丈夫」と言われたが、試しにもう一度聞いてみると「じゃぁいります」と返答が変わった。テイルズ作品のNPCのように話す内容が2回目で変わるのを再現してくれたあたりはさすが。

 朝食後、チェックアウトまでに時間があったので、2半荘うつことができた。一晩挟んでなにか変わるかと思われたが、つっしーとしっぽらさんの勢いはこの日も変わらず。2極化した点差がさらに開くような結果となった。2日のトータルは記録にある通り、しっぽらさんとつっしーが200前後のプラスとなり、自分とあらさんがそれぞれ240、170程度のマイナスとなった。グリーン荘の晶霊はきっとクリスタルと異なるタイプのものなのだろう。プラス、マイナス、ともに総合成績で4桁を超えるかと思われていたが、またも次回以降に持ち越しとなった。今回の点数の変動により、より遠ざかる結果となったのは驚きだった。

 チェックアウトを済ませ、一同は車に乗り込みお昼を予定している場所へ。車中では「テイルズの開発や声優で印象に残るエピソード」とか「シリーズを通して登場する技の中で何が好きか」といった話をしていた気がする。特に技に関する話は盛り上がっていた。この技はどの作品のものが好きかなど、みな思い入れがそれぞれあるようで、いろいろな技が話題で上がっていた。今回もまた開店前に目的地に到着し、すでに他の人も待っているような状態だったので、席があくのを待ちつつ、「しっぽらさんが好きなテイルズのOPのワンシーンはどれか」といった話から、みんなの好きなOPのシーンはどれかといった話をしたりした。ちなみに自分だけしっぽらさんが好きなシーンを間違えてた。みんなよく覚えてるなぁと感心したものだ。お昼に入ったお店は海女食堂という港沿いにあるお店。予定を立てているとき、最初は向かいのお店に行こうかとも話していたが、どうもレビューから評判がよくなさそうということで海女食堂に変更していた。実際に来てみると、向かいだけではなく隣にもお店は並んでいるのだが、海女食堂以外のお店に人がいない。レビューの通り他のお店はあまり良くないのかもしれない。

 席が空き、みな海鮮丼を注文した。昼前に到着したということもあり、朝ごはんからさほど時間も経っておらず、出されたものを全部食べられるだろうかと心配していたが、出された海鮮丼は非常に美味しく、あっという間に完食してしまった。もしかしたらもう1杯食べられるのでは?と思わせるほどに、出された途端に食欲が出てくるのだから不思議である。とにかくこの地域の海鮮はうまい。この海鮮三昧の食事も終わりになるのかと思うと名残惜しい。お店の外のテーブルで食べていたこともあり、突風によって隣にあった看板が倒れたり、お会計で出したお札が飛ぶといったアクシデントもあったが、まぁこれも今となってはいい旅の思い出。

 夕飯を済ませ車に乗り込み、一同は帰路につく。あらさんと自分がときおり眠気と戦うような状態となったりもしたが、車中では今回の旅を振り返るような話をしたりしつついったん海老名のサービスエリアに入る。そこでしっぽらさんのノルマでもあるソフトクリームを食べつつ休憩。つっしーはパフェのようなみんなとは違った少し豪勢なものを食べており、なぜかその絵面が面白かった。再度車に乗り込み終わりの地へ向かう。車中ではあらさんがほぼ未見のエヴァンゲリオンのミサトさんのものまねをしたり、首都高や車線の多い都内の道路につっしーがキレたり、次回の予定の話をしたりと、最後まで本当に飽きない旅だった。神話になりなさいなんてミサトさんは言わない。

 電車内で異様な眠気に襲われつつもなんとか乗り過ごすことなく帰宅。そして全員の無事帰宅を確認し、ハコネシアの旅は最後まで大きなトラブルなく終えることができた。思いの外早くに帰宅したことで、帰宅後時間は会あったものの、妙な脱力感に見舞われてしまい、なにも手につかなかった。この2日間が楽しすぎたせいだろう。ここにきてどっと疲労感がでてきた気もする。これを書き始めたのは帰宅後すぐではあったものの、いろいろ思い出そうと記憶を辿ったりするうちに、いつの間にか数日過ぎていた。いつものテ勢麻雀であれば、その日の勢いに任せてタイピングするということができるが、こういった数日に渡るイベントを改めて書き起こそうとする場合、どうも自分は必要以上に時間をかけてしまう傾向があるらしい。上越国際スキー場のときとかがまさにそうだった。時間をかけたところで、特に麻雀中の会話についてはほとんど思い出せていない。ちょっと自分の記憶力に自信がなくなってくるなこれは。まぁこのあたりはしっぽらさんからのちほど提供される音声データに頼るとしよう。 これまでの音声データを徐々に聞きつつ、wiki の内容も充実させていかねば。ひとまず今回の領将王争もお疲れさまでした。新たな『王』はしっぽらさんなので、何をするでもないとは思うが頑張ってくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × five =